行政によるごみ処理格差をなくすべき

引越しなどで行政区域が変わりごみ処理の違いを感じることがあります。特に今まで無料でごみ収集を行政がしてくれていたのを、有料でないと処理してもらえなかったり、ゴミ袋が指定の有料の袋で出さなければいけないことになったりします。

 

日常のゴミ袋が有料になるのは仕方がないと諦めて有料ゴミ袋をほとんどの人が購入するということになりますが、粗大ごみは毎週出すものでないので以前住んでいた行政地区でなら無料で捨てることができたのでそちらに持っていくという人もいます。

 

中には知人、友人、親戚の住んでいる地区だと無料で処理してくれるとなればそちらに粗大ごみを持ち込んで処理をするという人も聞いたことがあります。

 

もともと住んでいたところは引越しのタイミングなどはそれまで住民税を払っているということもあって許容できますが、まったく住んだこともない税金を払っていない人がごみだけを捨てにくるというは不公平なことになってしまいます。

 

そうならないようにごみ処理の格差を行政区域ごとに違いのないようにすべきではないかと思います。不法投棄の防止のためにもそういった試みをやってもらいたいと思います。