忘れられない清掃作業と粗大ゴミの記憶

都内に居た時、爺さんが借りている公団住宅に10年程居候していました。その時の話です。

借主の爺さんは高齢の為、数年前から既に別の場所で知り合いの女性と暮らしていました。仕事の都合で自分が引っ越す事を話すと「ならばそこを引き払うから」という事になり、一人で引越しと清掃・片付け作業を開始しましたが「主」は、かつて3人家族で暮らしていた為、2LDKの部屋に家財道具がびっしり。それも全て古~い物なので転居先に持っていける物は有りもせず、夜な夜な東京都の指定袋に食器や家財品を破れない様、少しずつ入れ、住宅の10階からエレベーターを使って不燃ゴミ置き場にそっと置いてくる作業を続ける事、約2~3週間。記憶では50袋以上有ったと思いますが、ようやく先が見えてきました。残りはソファー・タンスやテレビの大物=粗大ゴミです。これらは全て廃棄なので民間の引越し屋さんは使えないので、東京都清掃局の専門部隊を御願いして、身内総出の搬出作業と成りました。流石にこの後、熱を出して寝込んでしまいましたが、あれだけ壮絶な引越清掃作業は今後絶対無いと思います。10年経った今でも忘れる事は出来ません。

PR|女性向けエステ.com|心の童話|生命保険の選び方|童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|ショッピングカート|初値予想|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|健康マニアによる無病ライフ|アフィリエイト相互リンク|GetMoney||オーディオ|生命保険の口コミ.COM|JALカード|内職 アルバイト|